• ようこそ

  • RSS サイトマップ

運営チーム


しょせん個人の家庭菜園です

このサイトを作成するきっかけは、個人の家庭菜園にあります。企業が本格的にホームページ用に作成したものでもありません。2010年6月にサイトを公開して順次ページを増やしていきました。
当初はもっとたくさんの野菜に挑戦する予定でしたが実際はアブラナ科の野菜とミニトマトで終了してしまいました。
運営チームと言っても夫婦で細々とやっている家庭菜園です。
この家庭菜園も今では行っていません。なぜなら、手間が面倒な割に高コストでスーパーから買ってくる野菜と比較してあまりにも割が合わないからです。
レタスを水耕栽培で作成してもスーパーで売られているような立派なレタスのサイズまでなかなか育ちません。
ひょろひょろのレタスが出来て、葉を1枚、2枚と分割して収穫することで再生を繰り返して集めるような状態です。それに水耕栽培は有機栽培の野菜とはまったく比較にならないほど、超がつく、化学肥料栽培です。これが人間の健康には問題がないのかは一部の分野では研究がされています。いまも答えは出ていません。
ですが化成肥料はダメ、無農薬がいいといっている世の中で有機栽培が取り上げられています。これに反する超化成肥料栽培の水耕栽培が本当によいものなのかは疑問もあります。
家庭菜園をする場合、自分が作る野菜は収穫の時期は旬の時期になると言うことです。
つまり、スーパーで売られる価格が最安値になる時期でもあります。これに高コストの家庭菜園、しかも畑ではなく、プランターで栽培しているようではまったくコストに見合っていません。
本当にコストを意識した場合、根がある葉ネギをスーパーで購入し、上をすべて使用して根の部分を水耕栽培することで、種から育てることなく、2倍の収穫が短期間で出来ます。この方法ならば節約になると思います。
家庭菜園をするならば、コストうんぬんよりも趣味で野菜を育てたいという気持ちを尊重すると思ってください。高コストの割に害虫被害と本当に大変ですから。
ページトップへ

当サイトはリンクフリーです。文章と画像一部転載ならば、引用元表示で連絡の必要ありません。

ページトップへ