• 水耕栽培法

  • RSS サイトマップ

野菜の再生栽培方法


スーパーで購入した万能ネギを根だけ残す

万能ねぎの再生栽培

この方法は、関西なら当たり前にやっている方法らしいのですが、関東ではあまり見かけません。
スーパーで売っている万能ネギを再生栽培して2倍収穫しようとする方法です。じつは、この方法は水耕栽培なのです。(万能ネギの多くも水耕栽培で栽培されスーパーに出荷されています)
水耕栽培やプランター菜園をしようと思ったら、種からネギを育てるよりもスーパーの万能ネギで根っこがしっかりとしているものを買ってきて、再生栽培をした方が収穫も高速で出来ます。
家庭菜園ではなかなかコストが高くて、節約にはつながりませんが万能ネギの再生については、確実に節約になります。そして、とても簡単な家庭菜園です。小さなお子さんにも最初に野菜を育てる方法を教える場合もこの再生野菜の方法ならば手っ取り早く、そして成長もかなり早くて喜ばれます。

万能ネギの根っこは捨てない

万能ねぎの再生栽培

おおよそ写真の通り、再生が出来るくらい葉ネギの部分を残して包丁できれいに切ります。緑色の部分を少し多めに残しましょう。これを水耕栽培鉢のようにします。根っこを水だけのコップにそのまま入れておくだけでも十分、再生します。何度も収穫をしないのならば養分は水だけで問題ありません。日光も特に当てずに台所においておくだけでも結構、成長します。日光に良く当てて成長させる場合、水耕栽培と同じようにハイドロボールなどで根を固定すると良いでしょう。
万能ネギをスーパーで購入すると束で輪ゴムがついていますからこのまま簡単に水で洗って、緑色の部分を気持ち多めに残してばっさりと切りましょう。スーパーで万能ネギを選ぶ場合、根が乾燥していない、出来るだけ根が白い(茶色の根は腐ってる)ものを選びましょう。
万能ネギの売り場は他の野菜よりも低温の売り場になっているため、どの万能ネギを購入しても問題ないと思います。

本格的に再生をさせるならプランターで

万能ねぎの再生栽培

スーパーで購入した万能ネギを本格的に再生させるならば、野菜を最初から育てるようにプランターで育てましょう。葉ネギ程度ならば、100円ショップの園芸用品で十分です。鉢と鉢底石、培養土を買ってきて、万能ネギの根をしっかりと植えましょう。
あとは肥料と定期的な水やり、十分な日光をベランダで当ててあげると良いでしょう。
ベランダ菜園の場合、葉ネギは比較的害虫被害が少ない野菜です。葉の部分に何かの卵を植え付けられる場合がありますから、気になる場合はネットをかぶせましょう。ネットも編み目が細かい洗濯用ネットを代用すると日光があまり当たらないなどとなります。
プチハウスのようなものを利用すると良いと思います。
マンションの1階で日当たりが悪く、雑草が多いところですとナメクジの被害が多発します。プランターの周りにナメクジ駆除剤をおいておくとかなり効果的です。

ページトップへ

当サイトはリンクフリーです。文章と画像一部転載ならば、引用元表示で連絡の必要ありません。

ページトップへ