• ようこそ

  • RSS サイトマップ
メニュー画像

野菜栽培の総合情報サイト ラブベジにようこそ!

バジル
バジルの水耕栽培
カップヌードル容器にて

当サイトにお越し下さいましてありがとうございます。
このサイトは、私が趣味でやってきたベランダでの野菜栽培の実体験から得られたことや、その都度、勉強したことを分かりやすくまとめてあります。特に書店で売られている本には、野菜の育て方は掲載されていても、具体的な病気や害虫などについて詳しく書かれているものがほとんどありません。また、無農薬栽培が主流の家庭菜園ですが、最近では、より安全なBT剤などの天然系薬剤もどんどん進化し、普及してきました。書籍には、そういった実践的な内容が乏しい点と、似たような記事も多く、マンネリ化している為、家庭菜園について自分なりにまとめてみました。どうぞ、ご利用ください。

野菜を育てる方法も、生活環境が変われば様々

さつまいも畑
畑いっぱいの
さつまいもの葉

野菜を育てる方法のうち当サイトでは、畑、ベランダ菜園、水耕栽培について解説をしています。私は、この3つの方法を実際に体験しました。良好な畑は、手間もなく、簡単に育ち、収穫量もとても多かったです。ベランダ菜園は、中型プランターと野菜用培養土で簡単に育ちました。しかし、何度も同じ培養土を繰り返し使用していると成長が非常に悪くなりました。この培養土の入れ替えは、マンション生活では、土を捨てる作業が発生し、とても困難でした。次に土を使わない水耕栽培を始めました。ベランダが汚れない点、重い土を運搬する必要がないなどメリットはありましたが、1株の成長は畑よりも太らず、夏野菜の液肥の消費は、畑やプランターの量を遙かに超えていました。これらの経験を惜しみなく掲載しています。

ベランダでも、野菜はここまで育つ!

隠元豆
4つの水耕栽培鉢だけで
ベランダでもここまで育つ

ベランダで野菜を作ると、そのスペースから収穫量は、畑よりも少ないのは当たり前です。それでもベランダで育てる理由は、畑という環境がない場合です。ベランダでも効率よく、新鮮な野菜が作れないものだろうかと四苦八苦します。最近では、ベランダ菜園の書籍も増えてきました。しかし、ベランダ菜園での水耕栽培方法についての書籍は、まだとても少ないのです。ベランダ菜園に水耕栽培を取り入れてみると、プランターよりも厚みのない鉢、そして培養土を使わない為、軽量。汚れも軽減され、土に生息する虫は発生しません。野菜を趣味で育てる場合、成長の難しい冬期は休むのも一つの方法です。その休みの時期も簡単に片付けが出来るメリットがあります。この水耕栽培方法について詳しく説明をしています。

ベランダ菜園といえば、当サイトの情報をご活用下さい!

リラックス女性
URLにlovevegi.comと入力
もしくはlovevegiと検索

ベランダ菜園をはじめるために本を買ってくる必要はありません。
葉物野菜の育て方は、どれもほとんど同じなのです。書籍は、ページ数を稼ぐために同じような育て方なのに、ちょっと違う写真を掲載して何度も載せているものが多いのです。葉物野菜は、アブラナ科が多く、その害虫もほとんど一緒です。病気も特にありません。どうせならば難易度が高い、トマトについてもっと病気や害虫を詳しく載せて欲しいのに!って思います。農薬だって、昔のイメージで悪いもののように思えますが最近では、農薬も様々で農薬を使用しても有機栽培と記載しても良いという安全性が高い農薬も多くなってきました。強い農薬は散布後、7日は経過しなくては食べられないとありましたが納豆菌や洗濯石けんに使われる天然系の農薬は前日散布でも収穫が出来ます。そして天然系の農薬を使用しても有機栽培として販売して良いことになっています。そんな事が全然、詳しく書かれていないのがいまの家庭菜園の書籍なのです。当サイトでは、その点を重点的に掲載しています。


ページトップへ

当サイトはリンクフリーです。文章と画像一部転載ならば、引用元表示で連絡の必要ありません。

ページトップへ